湧水が展開する生活場面

自然環境と生活をとりもつ建築

栗原 一樹

修士2年

Y-GSA 西沢立衛スタジオ

見捨てられていく自然環境によって、これからの人々の生活を豊かにしていくことはできないだろうか。丹沢山地に囲まれた神奈川県秦野盆地の山麓の集落を敷地に、近代化によって急速に価値を失ったこの土地の資源である湧水と、人々の暮らしの関係を再考する。地域に入り組む水路沿いに水と暮らしを結ぶ活動の場を計画することで、均質化した町の風景を更新していく。

ランドスケープ /

土 /

地域 /

水環境 /

流体 /

環境デザイン /

風土