アキバの商いは空隙を纏う

大浦 佑介

修士2年

Y-GSA 西沢立衛スタジオ

様々な文化が混沌と根付いている秋葉原の雑居ビルについて考える。道での活動の豊かさ、外部構築物、小さな床、隙間、奥、等の秋葉原的言語を用いて、老朽化による巨大再開発に代わる街の更新、建築を提案する。街に挿入されるこの建築が、上手く使われていない既存雑居ビルの廊下や縦動線等と接続することで、そのような場所が街の新たな通り道となり、欲しい物を求めて街を歩く体験がさらに複雑に、豊かになっていく。

ストリート /

まちづくり /

リノベーション /

地域 /

空間 /

都市計画 /

風土