震災を受けた鋼部材の断面の面外変形に基づいた塑性変形量推定方法に関する研究

東原 佳佑

修士2年

建築学

本研究は、現地調査において鋼部材が受けた損傷を把握し、被災後の残余耐震性能を推定する方法を開発することを最終目的としている。局部座屈による損傷に着目し、局部座屈の発生を検知するための変位センサーを用いた形状計測手法を考案した。そして、局部座屈を再現する部材実験において形状計測を行い、部材が受けた塑性変形量と断面の面外変形の関係を検討した。

地震 /

鋼材 /

防災