維持管理費用の縮減と地域の効用の低下の比較による廃橋を含めた橋梁管理のあり方に関する研究

岩柳 智之

修士2年

都市基盤

わが国では道路橋の深刻な損傷と急速な老朽化のためにその修繕・更新費は莫大であり,全てを予防保全型で維持管理することに限界がある.そのため廃橋が選択肢として必要であるが,廃橋の効果や影響を客観的に示す方法が確立されてない.本研究では廃橋による費用を地域の効用の低下による損失、効果を維持管理・更新費用の縮減効果とする費用対効果計算を提示し,廃橋を含めた維持管理の選択肢を定量的に示すことが可能となった.

インフラストラクチャー /

マネジメント /

メンテナンス /

交通 /

地域 /

橋梁