有機物含有量に応じた底泥の物理特性の変化に関する研究

服部 啓太

修士2年

都市基盤

東京湾や伊勢湾といった閉鎖性水域では,植物プランクトンなどを起因とする有機物を豊富に含んだ底質環境が形成されている.そのような底泥は赤潮の発生や貧酸素化の原因となっており,環境再生のために浚渫や覆砂などの手法による底質環境の改善が望まれる.しかし,底泥に関する科学的な知見は不足しており,技術的課題が多く存在する.また,既往の研究では東京湾や名古屋港で含水比などの物理指標が他の化学指標と高い相関を示すことが知られているが,そのような相関性を複数の水域で比較した研究例は少ない.そこで本研究では東京湾や伊勢湾などの複数の水域における過去の調査データを解析し,底泥に関する科学的な知見を得るとともに,得られた科学的知見の特性を検証することを目的とした実験と数値計算を行った

土 /

水環境 /

流体