地震応答モニタリングによる一面吊り斜張橋のモデル妥当性の検証と大地震時挙動の推定

數井 佑丞

修士2年

都市基盤

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では,大型橋梁に設置されている免震ゴム支承に亀裂・破断などの損傷が見られた.本研究では,一面吊り斜張橋を対象に地震応答モニタリングを行い,その観測記録を用いてモデル妥当性の検証をした上で,大地震時の損傷箇所を推定した.その結果,Level Ⅱ 相当の地震動が作用した場合,免震ゴム支承が破断する可能性を示し,鉛直応答を確実に制限することが重要であると指摘した.

まちづくり /

住宅 /

地域 /

復原 /

歴史 /

観光 /

風土 /

高齢者